マスコミ

リボンが手足に見える...? カーネルおじさんの「呪い」が拡散、KFC広報に見解を聞いた

ケンタッキーといえば、白髪で白ひげ、白いスーツが特徴のカーネルおじさんを思い浮かべるだろう。黒ぶち眼鏡に、首元の黒いリボンのロゴでもお馴染みだ。可愛らしいロゴはケンタッキーの象徴だ。

しかし友人の一言によって、首元のリボンが手足にしか見えなくなる「呪い」にかかってしまったという投稿が、ツイッターで話題を呼んでいる。

こちらをご覧いただきたい。

こちらは、ツイッターユーザーのせれろんやまだ(@Celeron_ymd)さんの投稿だ。

ケンタッキーフライドチキンの箱にあしらわれたカーネルおじさんのロゴ。漢字の「大」のような部分が「手足にしか見えない」と高校時代に友人から一言。そういわれると、そうにしか見えなくなってしまう...。

この投稿は反響が大きく、リツイートは2万を超えている(2019年12月16日15時時点)。リプライ(返信)欄には、

「呪いにかかって笑いが止まらない!」
「手足にしか、見えなくなってる!」

といった反応が寄せられている。この見方は、過去にもさまざまな漫画で紹介されていたそうで...。

ところで、本当にこれはリボンでいいのだろうか。

実は話題になった投稿が正しく、あえて胴体だけ棒人間のようにしている可能性も――決して0%とは言い切れないだろう。公式見解はどちらなのか、Jタウンネットは日本KFCホールディングスを取材した。

リボンには正式名称があった

カーネルおじさんのリボンが手足に見えてしまう「呪い」にかかってしまった人は、決して投稿者だけではないようだ。

シンガーソングライターの小沢健二さんも、5日に「頭でけぇー体ちっちぇー」とつぶやいている。

もしや本当に...。ここはケンタッキー側に話を聞いてみるしかない。こういった声が挙がっていることは、認識しているのだろうか。

「一体いつからなのか、正確な日時はわかりかねますが、そういった話がSNS上で挙がっていたことは認識しております。

私事ですが、『カーネル・サンダース』とブラウザ上で検索したところ、『手と足に見えてしかたない』といったご意見があったことを知りました。この程度の認識ですが...」

と16日、Jタウンネットの取材に、真正面から答えてくれたのは日本KFCホールディングスの広報担当者だ。

さて確認だが、首元にあるのはリボンで間違いないのだろうか。

実は正式名称があった...!その名も...(画像はせれろんやまだ(@Celeron_ymd)さんから)
実は正式名称があった...!その名も...(画像はせれろんやまだ(@Celeron_ymd)さんから)

「『ストリングタイ』が正式な呼び名です。リボンの部分(蝶ネクタイのような部分)は、人と人が手をつないだ状態、つまり、ギュッと手を取り合うという『絆』を表現しています。下にピョロっと出ているタイの部分は、『people』(人)とKFCブランドとして大事にしていることの象徴のようなものです」

実際にカーネル・サンダース氏も着用していたネクタイをモチーフにしているそうだ。なんともバカバカしい質問かと思ったが、聞いてみた結果、正体が判明する形となった...!

みなさんの「呪い」が解けますように。

-マスコミ
-

Copyright© 呪い代行業者解説 , 2020 All Rights Reserved.