呪い代行とは

人を呪わば穴二つになった事例

人を呪わば穴二つになった事例

これは私の友人から伺ったお話です。

 

酷い裏切りにあってしまった社長さんが、どうしても裏切った相手が許せず「呪い」という方法を取ってしまいました。

 

呪われた相手も会社経営をしていましたが、見る見る間にその会社の業績が落ちていったと言います。

 

相手が不幸になったという話を聞けば、呪いの効果が出たと嬉しくなり、

 

なんとか持ち直したと聞けば、憎しみがこみ上げて更に呪いをかけました。

 

呪いの効果が出るに従って、呪った側の社長さんの体調が悪くなり、原因不明の腹痛や吐き気に見舞われるようになったんです。

 

呪われた相手の生気もだんだんと失われていきますが、それと同時に呪った側の社長さんの顔色も土気色になっていきます。

 

自分がそんな状態になってもまだ「呪う」行為がやめられず、「まだ足りない。もっと苦しめる方法はないのか」と、より強力な方法を取るようになっていきました。

 

とうとう呪われた相手は狂い死にし、それと同時に呪った側の社長さんも精神を病んで自らの命を絶ってしまったそうです。

-呪い代行とは
-

Copyright© 呪い代行業者解説 , 2020 All Rights Reserved.