呪いかけ方

呪いの種類

呪いをかけるのは恐ろしいこと。本当に必要かよく考えよう

呪いをかけるのは恐ろしいこと。本当に必要かよく考えよう

誰かを恨んだり妬んだり、ネガティブな感情を向けるのは良くないとわかっていても、人生でずっと人間関係が順風満帆ということはほぼ無いでしょう。

「誰かを殺したいほど憎い」と思ったことがある人や、「身を焦がすようなくやしさや嫉妬」を感じたことがある人や、「裏切ったりいじめたりしてきた人間に同じくらいのつらい目を合わせてやりたい」と念じたことがある人が、この記事を読む人の中にいるかもしれません。

そういう人のために、ここでは、大変に効果の期待できる「呪いのかけ方」についてお教えします。

 

本当に呪うことが必要なのか、自分によく問いかけて

ただ、これを読む前にもう1度よく考えてください。「本当にその人間に呪いをかけたいのか?」ということです。

これからお伝えする呪いのかけ方は、本当に非常に効力がある方法です。その方法をとってまで、自分以外の誰かを不幸にしてやりたいほど、自分の憎悪や、悔しさや、悲しみ、怒りは強いものですか?

そういうことをすることよりも、そのような人間のことは自分の記憶や過去から消去するなり、あるいはその人間の影響の及ばない場所に自分を避難させるなりして、乗り切れることではないでしょうか?

そう言う方法はないのか、そのほうが自分にとって本当は幸せではないか、ということをまず、深く自分に問いかけましょう。

「人を呪わば穴二つ」という言葉を知っていますか?

そこまで書くのも、呪いをかけたあなたに、呪いをかけることによって不幸が襲い掛かることもあり得るからなのです。

「人を呪わば穴二つ」という言葉を知っているでしょうか?これは、人に害を与えようとすれば、やがて自分も同じような害を受けるようになるという言葉です。これは単純に、世の中の道徳を教える言葉ではなく、呪いの世界、魔術の世界では本当にあることなのです。

本来あなたは幸せになるべき人間です。その方法はいくらでもあります。それを捨てるリスクを冒してまで、誰かに呪いをかける必要があるのか、ということなのです。

呪い返しという反撃があなた襲うことも

それは、神様か悪魔かわかりませんが、どこかの闇の中で、あなたが呪いをかけたことを知った人間以外の何者かが、あなたに呪いをかけた相応の報いを与える、ということもあります。しかしそれ以外に「呪い返し」というものもあるのです。

呪い返しとは、呪いを受けた相手が、あなたが呪いをかけたことに気づいてその呪いを反対にあなたに向けて返してくる、同じような呪いの方法です。ですので、相手に気づかれたら、あなたも相手に呪われる危険性があるのです。

たとえば、相手にうまく呪意をかけたものの、その後、重苦しい気分になったり、身体がだるく無気力になったり、著しくエネルギーを消耗する、などの症状が出たら、「軽い」呪い返しを受けていると考えたほうがいいでしょう。

しかし、それはまだ軽いほうです。相手が真剣に呪い返しをしたら、それでは済みません。

世の中には、呪いを代行する会社や人間もいますが、同じように呪い返しを代行する人間もいるのです。そこに依頼されれば、相手はプロですから、あなたには相手が味わった以上の苦しいことが起こり得るのです。

-呪いの種類
-,

Copyright© 呪い代行業者解説 , 2020 All Rights Reserved.