藁人形

マスコミ

日本の呪い代行を海外はこう見る。

海外のメディア

日本では知名度を上げてきた「呪い代行」。

日本呪術研究呪鬼会によると、最近では海外からも注目を集めており、海外からの依頼や問い合わせ、取材などもあるそうだ。

https://www.urami.net/syuzai.htm

こちらの実際に取材に答えた記事がある。

英語なので筆者はグーグルで訳したものでしか確認できない。

https://www.japantimes.co.jp/culture/2019/09/07/general/death-notes-traditional-rituals-associated-curses-persist-21st-century-japan/#.XXY-C2bgrt4

この記事では「呪い代行」が効果があるか詐欺なのか、という観点は一切なく、純粋に日本における、いや日本人における呪い観に中心をおいている。

すなわち、日本人が何に恐れを抱き、畏怖を払うのか、そこに海外のメディアが注目したのである。

言い切ってしまえば丑の刻参りにおける藁人形、などはどこの世界にもある。

ただの藁である、と言い切るのも単純であるが、西洋の魔術でも藁人形をモチーフにしたものは多い。

もう少し呪いについての研究が進めば西洋・東洋・現代・過去に通じた呪い、人が恐れるメカニズムが発見されるのかも?!

 

-マスコミ
-,

Copyright© 呪い代行業者解説 , 2020 All Rights Reserved.