呪いの種類

仏教における呪い・呪術とは

呪(のろ)いとは

 

「許せない!」「あいつが憎い」「絶対殺す」

人生には理由もなく騙されたり、利用されたり、奪われるときがあります。
そんな絶対に許せないことが起きたとき、その呪いの心を方向づけて、
願った通りの結果を引き起こすのが呪術です。
仏教ではどのように教えられているのでしょうか?

 

呪い」には読み方が2つあります。
のろい」と「まじない」です。

のろいとは、恨みや憎しみから、相手の不幸を願うことです。
まじないには、のろいも含めて、さらに病気を治すなど、
災いを除き、願いをかなえるプラスのものも含まれます。

プラスの場合は、どちらかというと祈祷になりますので、
ここではのろいについて解説していきたいと思います。

職場で上司に理由もなくパワハラを受けたとき、
なんであんなヤツが上司なんだ、失脚しろ
何かやりたいことを邪魔されたとき、
あいつさえいなければもっと結果が出るのに
と相手の不幸を願います。

また、彼や夫に不倫をされたとき、
慰謝料を払って欲しい
すべてを失って欲しい
老後に動けなくなったときに復讐してやる
と思います。

また、冗談なようで、
豆腐の角に頭ぶつけて死んじまえ
というのも、呪いです。

このような呪いを実現させるための方法が呪術です。
呪いの心は、人間誰しも持っているので、
似たような呪術が世界中に存在しています。

-呪いの種類
-, ,

Copyright© 呪い代行業者解説 , 2020 All Rights Reserved.