呪いの種類

【日本史編】歴史を動かした?!呪いの力。

日本の歴史上にも、呪いに関するエピソードがいくつか存在します。以下に、代表的なものを紹介します。

  1. 藤原道長の呪い 平安時代の貴族である藤原道長は、ある女性との恋愛関係が原因で、その女性の家族から呪いをかけられたとされています。道長は、病気になったり、悪夢を見たりするなどの異変が起こったため、呪いを解くために多額の金を払ったと伝えられています。
  2. 平将門の呪い 平将門は、平安時代末期に関東地方で反乱を起こした武将です。彼は、ある山の神社において呪いの儀式を行い、自分を守るために鉄の鎧を作らせたとされています。その後、将門は敗れ、鉄の鎧を着けたまま自害したという伝説があります。
  3. 白河天皇の呪い 平安時代末期の白河天皇は、ある女性に想いを寄せていたとされています。しかし、その女性が他の男性と関係を持ったことから、天皇は怒り、彼女とその男性に呪いをかけたという伝説があります。その結果、彼女は死亡し、男性は重傷を負ったとされています。

これらのエピソードは、歴史的に呪いが人々の間で信じられ、様々な形で表れたことを示しています。ただし、科学的には、呪いが本当に存在するかどうかは証明されていません。

 

・日本呪術研究呪鬼会
https://www.urami.net/

画像1
不倫や復縁、片思いなどの恋愛相談から、職場や家族間の人間関係、復讐に効果的。

住所の記載からフリーダイヤルまであり、相談も無料で行ってくれるそうです。ネット上での口コミも上々。

-呪いの種類

Copyright© 呪い代行業者解説 , 2024 All Rights Reserved.