呪いの種類

【世界史編】歴史を動かした?!呪いの力。

歴史上には、呪いに関する様々なエピソードが残されています。以下に、代表的なものをいくつか紹介します。

  1. ファラオ・テウティモス3世の呪い 古代エジプトのファラオであるテウティモス3世は、紀元前15世紀に在位し、軍事的な遠征や建築事業で知られていました。彼の墓には、「私を盗む者、私の墓を侵す者は、神の怒りと私の呪いを受けることになる」という警告が刻まれています。
  2. ウィリアム・シェイクスピアの呪い イギリスの劇作家であるウィリアム・シェイクスピアの墓には、「私を動かす者は、呪われた者となるだろう」という呪いの言葉が刻まれています。これは、墓を荒らす者に対する警告であるとされています。
  3. ラムセス2世の呪い 古代エジプトのファラオであるラムセス2世は、紀元前13世紀に在位し、多数の建築事業や軍事的な遠征を行いました。彼の墓には、「私を汚す者、私の墓を侵す者は、神の怒りと私の呪いを受けることになる」という警告が刻まれています。
  4. ラヴェンダー・ブラウンの呪い イギリスの小説家J.K.ローリングの『ハリー・ポッター』シリーズに登場するキャラクターであるラヴェンダー・ブラウンは、呪文を唱えることが得意でした。彼女は、ホグワーツ魔法魔術学校で、ある男性を呪い殺すと脅迫し、結果的に死亡させてしまいます。

これらのエピソードは、呪いが歴史的に人々の関心を引き、様々な形で現れることを示しています。ただし、科学的には、呪いが本当に存在するかどうかは証明されていません。

 

・日本呪術研究呪鬼会
https://www.urami.net/

画像1

住所の記載からフリーダイヤルまであり、相談も無料で行ってくれるそうです。ネット上での口コミも上々。

 

-呪いの種類

Copyright© 呪い代行業者解説 , 2024 All Rights Reserved.